中課題
1 中山間立地に適用性の高い低コスト耐候性ハウスの実用化と設置技術の実証

具体的内容

木骨ハウス

不整形、狭隘な中山間立地に適用性が高く、コストが軽量鉄骨より安価で耐加重性が高い木質製園芸用ハウス(木骨ハウス)について最適化を図ります。
また、木骨ハウスが建設できない狭小・不整形区画や傾斜地にも適用できる建設用足場利用ハウスについて、被覆資材や内張り構造も含めて高度化を図るとともに、既存のパイプハウスを低コストで耐雪性を強化して冬春期の施設利用を可能とする構造強化技術(ダブルアーチ化)の高度化を図ります。

小課題