中課題
2 地域木質資源を活用した低コスト暖房技術の実用化実証

具体的内容

バイオマス加温機

施設園芸におけるランニングコストの低減を目的として、地域の木材産業で産出される間伐材や製材端材等と灯油を併用するバイオマス加温機の最適化を図ることを目的に燃焼時間の長期化を検討します。
また、イチゴ閉鎖型高設栽培システムでのイチゴの局所加温(バイオマス加温機で温湯を循環させる)技術を構築するとともに、中国の日光温室を参考にした内張りに布団状の高断熱資材(布団資材)を利用する保温技術を実証します。

小課題